流木と天然素材のアート    

流木を使ったアート作品、海・山の天然素材を使ったハンドメイドの雑貨を制作・販売する「コロボックル手作り工房」の管理人ブログです。   


「コロボックル手作り工房」にて製作の流木作品の中から、グリーンスタンド(エアプラント)・ハイドロカルチャーを紹介します。(販売作品は不定期に追加・更新されます。)

当初品は全て源泉100%の温泉で殺菌・洗浄し乾燥させた素材を加工して仕上げています。 温泉流木HP




★ グリーンスタンド(エアプラント)


◎ カメレオン風グリーンスタンド

目玉はビー玉のシーグラスをつけています。背中の部分に穴を掘り、フェイク グリーンをセット。(フェイクグリーンは根元部分を茶色の粘土で固めたものを流木と作品と一緒にお付けして販売しています。フェイク グリーンは粘土ごと取り外せるので、エアープラントを育てることも可能です。穴は小さめですので小サイズのエアープラント向きです。) 販売ページ


R010005_1.jpg



◎ 変形流木とシーグラス「波と浜辺」

変形流木に小枝の流木、土台の流木をつけ、うすいブルーのシーグラスとフェイク グリーンをセット。(フェイクグリーンは根元部分を茶色の粘土で固めたものを流木と作品と一緒にお付けして販売しています。フェイク グリーンは粘土ごと取り外せるので、エアープラントを育てることも可能です。穴は小さめですので小サイズのエアープラント向きです。) 販売ページ


R010014_1.jpg




★ グリーンスタンド(エアプラント)・ハイドロカルチャー


◎ 植木鉢を運ぶ 流木グリーンスタンド

丸太風の軽く朴訥とした海流木に短く太い海流木の足をつけ、フェイクグリーンをセット。(フェイクグリーンは茶色のポット入りのものをセットして販売しています。ハイドロカルチャーで植物を育てる場合は穴の径が約5センチですので小サイズのハイドロカルチャー向きです。) 販売ページ

R010015.jpg



◎ 美しいラインに緑を飾る流木グリーンスタンド

重く滑らかな縞模様の入った川流木に枝流木の足をつけ、フェイクグリーンを二つセット。(フェイクグリーンは茶色のポット入りのものと単体のものをセットして販売予定です。大きい方の穴でハイドロカルチャーで植物を育てる場合は穴の径が約5センチですので小サイズのハイドロカルチャー向きです。 小さい方の穴でエアープラントを育てることも可能です。穴は小さめですので小サイズのエアープラント向きです。) 販売ページ


R010016.jpg
2017.09.25 19:49 | 流木 販売 | トラックバック(-) | コメント(0) |

九州では今年は大きな水害が起き、一難去ってまた一難という感じですが、雨にも負けず風にも負けずに大自然の中で暮らす人々の知恵と逞しさを感じる今日この頃です。

夏の終わりに、久しぶりに産山方面に向かいヒゴタイ公園と池山水源に向かいました。産山は昨年大きな地震の震源地にもなった場所ですが、

このあたり一帯はとても景観が良く水も空気も澄んで時間の流れのゆったりした気持ちよい場所です。 写真も沢山取りました。その中からピックアップしたものをブログに張っています。

詳細情報及び他の写真は別のブログでまとめていますのでそちらをご覧ください。⇒ 絶滅危惧種 ヒゴタイの咲く草原と丘~池山水源へ


満開のヒゴタイ

008_1708ヒゴタイ公園


阿蘇山(ヒゴタイから望む景色です。)

023_1708ヒゴタイ公園


ヒゴタイの咲く草原となだらかな丘

010_1708ヒゴタイ公園

006_1708ヒゴタイ公園

040_1708瀬の本


池山水源(ヒゴタイ公園から近い場所にある湧水です。)

034_1708池山水源





2017.09.06 20:14 | 九州の自然 | トラックバック(-) | コメント(0) |

先日、大分県中津市の「耶馬渓」「羅漢寺」に訪れた際、そこから少し離れた「薦神社」という神社に初めて行ってみたのですが、その理由が「宇佐神宮の祖宮と言われている」というのを知って興味を持ったからです。 

この日「薦神社」に行った後に「宇佐神宮」にも行きました。大分県の有名なパワースポットである宇佐神宮に関してはこちらでまとめています。大分のパワースポット  宇佐神宮

「薦神社」は境内の三角池が「御神体で内宮」、社殿は外宮という珍しい神社です。駐車場からの参道はあまり手入れが行き届いてなく建造物も傷んでいるものがあったりであまり「清浄さ」は感じず、

またノラネコが複数飼われているようで本殿横で寝ていたり、「国指定重要文化財の神門」の見た目の派手さ・豪華さとは裏腹に本殿周囲の壁の埃、蜘蛛の巣・シミ・汚れなどがシッカリ掃除されていない感じで、

神社の清潔感に欠ける感じがややガッカリだったのですが、「御神体」の三角池には確かにパワーとある種の神々しさのような何かを感じました。

また、池の周囲の歩道はとても気持ち良く大きなクスノキも見事で、個人的には三角池と周囲の歩道だけで充分、という感じでしたね。澄んでいない濁った池なのに何故か不思議なほどインパクトのある池でした。


〇 紫陽花

026_1706羅漢寺


〇 「御神体」の三角池

036_1706薦神社

034_1706薦神社


035_1706薦神社


〇 三角池の遊歩道入口にある大きなクスノキ

039_1706薦神社



2017.06.22 00:51 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |

耶馬渓は春から秋にかけてよく訪れる好きな場所ですが、羅漢寺には久しく訪れていなかったので前日に久々に行ってきました。この場所は凄く迫力があって、パワーを感じる場所です。

ちょっときついですが苔むした古い参道がとても味わい深く清々しいので、歩いて登るのが好きです。ここに来ると不思議なほど心身が軽くなりスッキリするんです。

参道を歩きながら撮ったの写真や関連動画はこちらでまとめています。大分県のパワースポット  羅漢寺・耶馬渓

ここでは青の洞門を車で通り抜けた時の写真を三枚と「羅漢寺」から見た景色の写真を一枚貼っています。「青の洞門」は江戸時代に禅海和尚と石工がノミと鎚だけで掘って作った「ハンドメイドなトンネル」ですが、凄いですよね。


031_1706青の洞窟


027_1706青の洞窟

029_1706青の洞窟

019_1706羅漢寺
2017.06.21 22:07 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |

季節も梅雨に入りました。 高温多湿の日本の夏、「涼しい風に癒される清涼な滝」に行って写真を撮ってきました。私の住む「阿蘇・小国のジオパーク・ジオサイト」にある滝です。

ジオパークとは「大地の公園」を意味し、ジオサイトはジオパークの見所・ポイントです。

ジオパークには日本ジオパーク世界ジオパークの二つがありますが、世界ジオパークはユネスコの定める基準に基づいて認定されたジオパークで、日本には八か所あり、そのうちのひとつが阿蘇ジオパークです。 

阿蘇ジオパーク

何万年も前の昔、巨大なカルデラ噴火を引き起こした阿蘇山は、それ以前にも数回のカルデラ噴火を起こしたとされています。阿蘇の噴火の影響で形成された特有な地形・自然は 2014年に世界ジオパークに認定されています。

小国町は世界ジオパークの北側にあり、有名な「鍋ヶ滝」をはじめとした北外輪火砕流ジオサイトが点在し、

また九重火山を熱源とする小国郷温泉郷ジオサイトには有名な黒川温泉(南小国温泉郷)や私が暮らす「わいた温泉郷」があります。九重火山を熱源とする名湯では小国町の近くにある「杖立温泉」もおすすめです。

犬滝

分厚い火砕流が川を覆うかのような形に形成された滝です。

019_1706犬滝

夫婦滝

左が男滝(九重連山を水源とする川)で右が女滝(阿蘇山系を水源とする川)。水源の異なる二つの川が二つの滝の下で合流するために夫婦滝といいます。

044_1706夫婦滝

秘境七滝

この滝は小田・白川温泉エリアにある原生林の中を流れる小田川の大小7つの滝です。

049_1706秘境七滝



こちらでより詳しくまとめています 小国郷の滝めぐり

2017.06.21 18:43 | 九州の自然 | トラックバック(-) | コメント(0) |