九州の自然

流木を使ったアート作品、海・山の天然素材を使ったハンドメイドの雑貨を制作・販売する「コロボックル手作り工房」の管理人ブログです。   


秋の晴れた日、瀬の元高原~ヒゴダイ公園、池山水源に再び訪れました。この辺りは本当にとても気持ち良い美しい場所でお気に入りです。何度来ても何度見ても飽きません。夏の終わりはヒゴダイを見に行って、秋はコスモスススキですね。

晩秋も草原の丘が絨毯のようなフカフカした薄茶色に染まるこの一帯は、どんな季節に来てもいいですね~。 雄大な丘の上には穏やかな青空と雲、そして草原ではコオロギや鈴虫が鳴き、風も気持ちよく、トンボの群れがゆったりふわふわ飛んでいます。

ヒゴダイ公園の草原の丘は見晴らしがよく雄大な阿蘇山を遠くに望み、コスモスが沢山咲いていました。花の写真、ススキ・草原の丘の写真を下に貼っています。

他の写真は別のブログでまとめていますので以下リンクからをご覧ください。九州の秋 秋桜(コスモス)とススキの丘



002_1709ヒゴタイ公園

011_1709ヒゴタイ公園

015_1709ヒゴタイ公園

014_1709ヒゴタイ公園

028_1709瀬の本


スポンサーサイト
2017.10.02 19:30 | 九州の自然 | トラックバック(-) | コメント(0) |

九州では今年は大きな水害が起き、一難去ってまた一難という感じですが、雨にも負けず風にも負けずに大自然の中で暮らす人々の知恵と逞しさを感じる今日この頃です。

夏の終わりに、久しぶりに産山方面に向かいヒゴタイ公園と池山水源に向かいました。産山は昨年大きな地震の震源地にもなった場所ですが、

このあたり一帯はとても景観が良く水も空気も澄んで時間の流れのゆったりした気持ちよい場所です。 写真も沢山取りました。その中からピックアップしたものをブログに張っています。

詳細情報及び他の写真は別のブログでまとめていますのでそちらをご覧ください。⇒ 絶滅危惧種 ヒゴタイの咲く草原と丘~池山水源へ


満開のヒゴタイ

008_1708ヒゴタイ公園


阿蘇山(ヒゴタイから望む景色です。)

023_1708ヒゴタイ公園


ヒゴタイの咲く草原となだらかな丘

010_1708ヒゴタイ公園

006_1708ヒゴタイ公園

040_1708瀬の本


池山水源(ヒゴタイ公園から近い場所にある湧水です。)

034_1708池山水源





2017.09.06 20:14 | 九州の自然 | トラックバック(-) | コメント(0) |

季節も梅雨に入りました。 高温多湿の日本の夏、「涼しい風に癒される清涼な滝」に行って写真を撮ってきました。私の住む「阿蘇・小国のジオパーク・ジオサイト」にある滝です。

ジオパークとは「大地の公園」を意味し、ジオサイトはジオパークの見所・ポイントです。

ジオパークには日本ジオパーク世界ジオパークの二つがありますが、世界ジオパークはユネスコの定める基準に基づいて認定されたジオパークで、日本には八か所あり、そのうちのひとつが阿蘇ジオパークです。 

阿蘇ジオパーク

何万年も前の昔、巨大なカルデラ噴火を引き起こした阿蘇山は、それ以前にも数回のカルデラ噴火を起こしたとされています。阿蘇の噴火の影響で形成された特有な地形・自然は 2014年に世界ジオパークに認定されています。

小国町は世界ジオパークの北側にあり、有名な「鍋ヶ滝」をはじめとした北外輪火砕流ジオサイトが点在し、

また九重火山を熱源とする小国郷温泉郷ジオサイトには有名な黒川温泉(南小国温泉郷)や私が暮らす「わいた温泉郷」があります。九重火山を熱源とする名湯では小国町の近くにある「杖立温泉」もおすすめです。

犬滝

分厚い火砕流が川を覆うかのような形に形成された滝です。

019_1706犬滝

夫婦滝

左が男滝(九重連山を水源とする川)で右が女滝(阿蘇山系を水源とする川)。水源の異なる二つの川が二つの滝の下で合流するために夫婦滝といいます。

044_1706夫婦滝

秘境七滝

この滝は小田・白川温泉エリアにある原生林の中を流れる小田川の大小7つの滝です。

049_1706秘境七滝



こちらでより詳しくまとめています 小国郷の滝めぐり

2017.06.21 18:43 | 九州の自然 | トラックバック(-) | コメント(0) |